FC2ブログ
みかづき cafe

朝からドタバタ、気がつくと今日も一日あっという間に過ぎてゆく・・ そんな日常から、子供の事、私の事、絵本の事・・気の向くままに綴ってます。ゆっくりしていってね。

  みかづき cafeのナビゲーター   トップページ > 2007年05月31日  

てん

2007 - 05/31 [Thu] - 11:37

てんてん
ピーター レイノルズ Peter H. Reynolds 谷川 俊太郎

あすなろ書房 2004-01
売り上げランキング : 57034

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

息子は図工があまり好きじゃないという。
週に1回、2時間続きの図工の時間。
何が楽しくないのか聞いてみたら、的確な答えは返ってこなかったけど、話を総合すると、どうやら時間が短くてせかされてせかされて作るからキライみたい。
そういえば、図工の時間の見学をしたことあったけど、なんか慌しかったなぁ~って思い出しました。

息子はどちらかというとマイペース。
さぁ、作りましょう!!となったとき、じっくり考えていると時間がなくなっちゃって、最後は先生にせかされて終わるって感じみたい。

図工の内容を見たとき、テーマとかは悪くないなぁって思ったけど、専任の先生はやっぱり先に進む子を基準にしているからね。
あと「もっとこうした方がいいんじゃない??」とかのアドバイスも多かった気がします。

そんな息子に読んであげた1冊「てん」の紹介です。

      ============

ワシテは図画の時間がキライ。
図画の時間が終わっても、紙は真っ白。
何も描いていない。

それを見た先生は
「なにか しるしを つけてみて。そして どうなるか みてみるの。」
ワシテはマーカーを力いっぱい紙に押し付けた「これでどう!」
先生はワシテにサインを入れるように言った。

次の週、図画の教室にワシテの描いた点の絵が、立派な額縁に入れて飾ってありました。

これを機に、ワシテは開けたことのない水彩のセットを出して、色々な点を描くようになります。
大きなてん、カラフルなてん・・・・
ワシテのてんは学校の展覧会に飾られました。

・・・

ある日、小さな男の子が、ワシテを見上げて
「おねちゃんは本当にすごい画家だね。ぼくもかけるといいんだけど・・」と言った。

ワシテは、にっこりして、男の子に紙を渡して・・・

      ============

続きは是非お読みください!!

本の最後に、作者からのコメントが短く載っています。
これは体験に基づいたお話なんですね。

学校の教育ではこうはいかないのかも知れないけど、図画に関しては、正解はないと思うし、もっともっと子供の想像力を信じて、「課題をこなす」ことじゃなく「好きになってもらうこと」を基準にしたものであってほしいなぁ~って思いますね。

私は図工も図画も(下手だけど)好きな子供だったので、自分の子供たちにも好きになってほしいなぁと思ってます。

たまには家族で写生に行ったりするものいいかもね。

ポチッとお願いします


スポンサーサイト



 | HOME | 

お知らせ

ゆっくりとblogに向かい合う時間がとれなくなって、せっかくいただいたコメントにもお返事を出せない日々。           しばらくは、コメント欄を閉じさせていただきます<(_ _)>                  コメントがわりに 拍手ボタンをポチッとしてくださると、うれしいです。@みかづき

PROFILE

@みかづき

Author:@みかづき
中学2年の息子と小学5年生の娘をもつ2児の母☆
絵本が大好き♪趣味は広く浅くでいろいろとやってます・・

*記事に関係のないコメント・TBは削除する場合があります*

最新記事

CATEGORIES

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

@みかづきの本棚

@みかづきの本棚より

ブログ検索

今まで書いた記事♪

全タイトルを表示

トラックバックありがとう♪

WELLCOME!!

現在の閲覧者数:
counter

参加してます

このサイトを登録♪

ブロとも申請フォーム

お気に入り♪リンク

LINK

RSSフィード