FC2ブログ
みかづき cafe

朝からドタバタ、気がつくと今日も一日あっという間に過ぎてゆく・・ そんな日常から、子供の事、私の事、絵本の事・・気の向くままに綴ってます。ゆっくりしていってね。

  みかづき cafeのナビゲーター   トップページ > 2007年07月15日  

ハリーポッターと不死鳥の騎士団

2007 - 07/15 [Sun] - 07:36

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)
J. K. ローリング J. K. Rowling 松岡 佑子

静山社 2004-09-01
売り上げランキング : 181
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映画公開までに、なんとか読むことが出来ました(^_^.)
え!?今更??なんて言わないで~。

ハリーポッターは、第一巻の「賢者の石」から第四巻の「炎のゴブレット」までは、刊行されると同時に買って読んでいたのだけど、どんどん話は長くなるし、主役級以外の登場人物の多さにだんだんついていかれなくなって、とうとう第五巻の「不死鳥の騎士団」は買わなかったのです。
でもそのうち読みたいなぁ・・とは思っていて、ちょうど映画も公開されるし、この機会に読もうと思いまして。

やっぱり読み始めたら、ハマりますね。
どういう展開になるのかしら、とドキドキしながら読みました。

この第五巻は、今までのハリーの物語の中では、とても暗い感じが漂っているし、前半は特に重い感じがします。
ダンブルドア校長がホグワーツを去り、ハリーの心を落ち込ませる出来事ばかり。
私は、グリフィンドールのクィディッチが結構好きなので、ハリーがアンブリッジの命令によりクィディッチを出来なくなり、痛快なグリフィンドールの勝ちの場面がほとんど見られなかったのは悲しかったわ。
でもところどころにハリーとチャンの恋の行方も描かれてましたね。

この巻は、ヴォルデモートとの直接対決よりは、ホグワーツの学校の中の対決の意味合いが大きく(もちろんそれは最後には、ヴォルデモートとの戦いに発展していくわけだけど)、それにより学校内もずいぶん様変わりしたようにおもいました。

最後は悲しい出来事があり、ハリーはまた孤独を感じてしまうけど、それもハリーの成長の一つなのかな。
下巻の最後に、ヴォルデモートが復活したことが正式に発表になったので、つぎの六巻「謎のプリンス」以降は、また対決になっていくのでしょうね。

「謎のプリンス」を一気に読みたい気持ちもあるけれど、やっぱりもう少し時間を作ってから一気に読まないと・・ということで、もう少し先になりそうです。

いつか息子に読んでもらいたいなぁ、と思って今まで全巻買い揃えたけど、とにかく本が重いんだよね!!手が疲れる~
携帯版、もう少し早く売り出してくれればよかったのに~!!

ポチッとお願いします


スポンサーサイト



 | HOME | 

お知らせ

ゆっくりとblogに向かい合う時間がとれなくなって、せっかくいただいたコメントにもお返事を出せない日々。           しばらくは、コメント欄を閉じさせていただきます<(_ _)>                  コメントがわりに 拍手ボタンをポチッとしてくださると、うれしいです。@みかづき

PROFILE

@みかづき

Author:@みかづき
中学2年の息子と小学5年生の娘をもつ2児の母☆
絵本が大好き♪趣味は広く浅くでいろいろとやってます・・

*記事に関係のないコメント・TBは削除する場合があります*

最新記事

CATEGORIES

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

@みかづきの本棚

@みかづきの本棚より

ブログ検索

今まで書いた記事♪

全タイトルを表示

トラックバックありがとう♪

WELLCOME!!

現在の閲覧者数:
counter

参加してます

このサイトを登録♪

ブロとも申請フォーム

お気に入り♪リンク

LINK

RSSフィード