FC2ブログ
みかづき cafe

朝からドタバタ、気がつくと今日も一日あっという間に過ぎてゆく・・ そんな日常から、子供の事、私の事、絵本の事・・気の向くままに綴ってます。ゆっくりしていってね。

  みかづき cafeのナビゲーター   トップページ > 2007年07月24日  

世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド

2007 - 07/24 [Tue] - 09:31

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉
村上 春樹

新潮社 1988-10
売り上げランキング : 6031
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉
村上 春樹 (1988/10)
新潮社

この商品の詳細を見る

村上春樹氏の本は、小説からエッセイまで、ほぼ全部読んでいるけれど、小説の中では、この「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」が一番好きですね。
私が初めて読んだのが多分20歳くらいのときで、もうすごーーーい昔だけど、いまだに読み返すことのある本です。

最初にハマったのが、初期三部作といわれるうちの最初の作品「風の歌を聴け」。
それから一気に、ピンボール、羊をめぐる冒険へと引きずり込まれていきました。

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」は、2つの世界の話が交互にされていき、最後につながるという形をとっています。

【世界の終わり】では、『僕』は高い塀に囲まれた外界と全く接触のない世界で暮らしています。
ある日突然この世界に来た『僕』は自分の影と切り離され、戸惑いながらもなれていきます。
心のない世界につれてこられ、以前の記憶もない『僕』の物語。

【ハードボイルド・ワンダーランド】
計算士として生活する『私』
ある日、老人の科学者に呼び出され、頭に埋め込まれた回路を解放されてしまったことから、狙われることになってしまった『私』は、科学者の孫と一緒に、地底にもぐり、やみくろの恐怖に立ち向かいながら、自分の秘密を探ろうとします。

なんとも不思議な物語だけど、とても読みやすいと思いますよ。
難解な感じも(私は)しなかったです。

ずいぶん古い作品の紹介になってしまいましたが、たまにはいいかな・・と。

ポチッとお願いします


スポンサーサイト



 | HOME | 

お知らせ

ゆっくりとblogに向かい合う時間がとれなくなって、せっかくいただいたコメントにもお返事を出せない日々。           しばらくは、コメント欄を閉じさせていただきます<(_ _)>                  コメントがわりに 拍手ボタンをポチッとしてくださると、うれしいです。@みかづき

PROFILE

@みかづき

Author:@みかづき
中学2年の息子と小学5年生の娘をもつ2児の母☆
絵本が大好き♪趣味は広く浅くでいろいろとやってます・・

*記事に関係のないコメント・TBは削除する場合があります*

最新記事

CATEGORIES

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

@みかづきの本棚

@みかづきの本棚より

ブログ検索

今まで書いた記事♪

全タイトルを表示

トラックバックありがとう♪

WELLCOME!!

現在の閲覧者数:
counter

参加してます

このサイトを登録♪

ブロとも申請フォーム

お気に入り♪リンク

LINK

RSSフィード