みかづき cafe

朝からドタバタ、気がつくと今日も一日あっという間に過ぎてゆく・・ そんな日常から、子供の事、私の事、絵本の事・・気の向くままに綴ってます。ゆっくりしていってね。

  みかづき cafeのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 児童書(低学年から) > ライギョのきゅうしょく  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライギョのきゅうしょく

2007 - 01/30 [Tue] - 00:00

ライギョのきゅうしょくライギョのきゅうしょく
阿部 夏丸

講談社 1999-06
売り上げランキング : 205069
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


食べること、食べられること。
人は狩りをして獲物をしとめ、生きてきた。
それは生きていると当たり前のことなんだろうけど、今はスーパーで何でも買える時代だから、摂取することへのありがたさが薄れているよね。
この本は、生きることの根底を考えることのできる本です。
小さい子でもわかりやすく話が書かれているから、読みやすいですよ。

==========

なかよしの「ライギョ」と「タナゴ」。
今日から2匹は小学生です。
仲良く登校し、ライギョは「ライギョ学級」へ行き、タナゴは「タナゴ学級」へ。

ライギョの授業は、一週間のうち一日が『たまごのうみかたそだてかた』であとは『きゅうしょくのたべかた』
一方、タナゴの授業は、一日が『たまごのうみかたそだてかた』で、残りは『かくれんぼのやりかた』

ライギョは授業で、魚を食べることを教わりました。
今まで考えもしなかったことです。
自分で魚をとって食べる・・そういうことを毎日教わることになったのです。頭の中は真っ白。
ライギョが食べる魚にはタナゴも入っています。
友達のタナゴのことばかりが気になります。

もしかしてもう友達じゃいられなくなるかも知れない。
ライギョはそんなことを考えて、悲しくなったりします。

授業が終わり、タナゴと会ったライギョ。
今日は落ち着きません。
タナゴもライギョを見て、なんだがいつもと様子が違う感じ。
タナゴも授業で自分が食べられる存在ってことを教わってきたからです。

お互いのことを気にしてぎこちない2匹の前にハリヨが現れて、おうちを見せてくれました。
そこには無数の卵が・・・・
ハリヨは何故こんなに卵を産むのか、その理由を話して聞かせてくれました。

卵をたくさん産んでも、そのうち育つのは数匹。
でもそれが生きていくということ。

2匹はお互いのこと、自分のこと、生きること、食べることを、考えて、考えて、いっぱい考えます。

・・・・・

2匹の友情はどうなってしまうのでしょうか??


==========


本当にいい本だよ。
本の裏に小学1年生からって書いてあったから、児童書に分類したけど、字が大きいし、話もわかりやすいから、幼稚園児でもOK!!
ライギョの優しさが、弱肉強食の世界ではありえないことなのかも知れないけど、それが本の中で「心」が表現されることで、余計生きていくために食べることへのありがたさがわかる気がしました。

これは、なかなかお勧めの本です♪

関連記事

よさそうな絵本だねー。もう少し大きくなったらぜひ手に入れようと思います!
うーん、私が読んでみたいからすぐ買っちゃおっかな~。
もし、私達も自分の手でとって「食べる」「食べられる」生活だとしたら。。。
人間って「食べる」ばっかりでほんと残酷だよねぇ。


うちのチビが好きそうな感じの絵本です。
「あらしのよるに」などもそうですね。
食べる者と食べられる者。どちらも、命。
改めて、命の大切さと生かされているありがたさを考えたいですね。

感謝・・・・・v-22

ほんとおもしろそうな絵本ですね♪絵が「999匹のかえるの引越し?」の絵に似てる気が・・・
絵本ってたーくさんあるんですね!!知らない本が一杯^^
今日小学校の4年生で「3びきのやさしいおおかみ」を読んだんですが反応がいまいちでしたllllll(- _ -;)llllll

みかづきさんは幅広く絵本をご存知ですね。
すごい!!
こういう話を娘にまだ読んであげた事がないので、どういう反応か興味あります。
ぜひ借りてみま~す♪
ライギョってこんな魚だったんだ、知らなかった。

読みたい!!!

わ~♪これは是非、子ども達と一緒に読みたいです!!!
2人の友情が その後どうなっていくのかも気になるし、
記事を読んで ライギョの気持ちが伝わってきて
実際に読んでみたいと思いました。

食べることへの ありがたみを こういう本を通じてでも
子ども達にも知ってもらえるといいなぁ♪

深いねー。
弱肉強食って子供に伝えるのが難しいテーマだよね。
ライオンがシマウマを食べるシーンなんて
息子は絶叫してしまうもの・・・。
食べること・・・。生きること・・・。
そして友情。
いい絵本だね。
今度読んでみます♪

読んでみたいです。

読んでみたいです。

私も色んな本を読んで育ったので、子供にも本は読んで欲しい、
でも、どの本を買えばって悩みます。これからも参考にさせてもらいます。

食べ物を大切にしないといけない、どうして大切にしないといけないのか、
そういうことをしっかり教えることも必要ですよね。

nanamamaへ

話は残酷じゃないけど、でも深い本だなぁって思うよ。
絵本と児童書の間くらいの本なので、読みやすいしね♪
大人が読むにもいいかも・・・
「食べること」「食べられること」って絵本でも扱っているけど、友達同士がそういう関係だと、確かに困惑するよね。
是非読んでみてね☆

曜子さんへ

「あらしのよるに」シリーズにも共通するものがあるね。
あらしのよるにほどぜっぱ詰まった感じではないけど。
明るく前向きな感じはあるけど、でもやっぱり辛い関係なのかなぁ。
生きることは食べることだから、食事には感謝しなくちゃ!!ですね。

ひさぽんさんへ

読み聞かせお疲れ様です!!
4年生くらいだと、どういう本がいいのかね。
長いと時間の制約もあるし、難しいよね。
私はまだ読み聞かせしていないので(娘が小学校へ入ったらやってみたいけど・・)いろいろ参考にさせていただきたいです☆

ルーリーママさんへ

私もしらなかった(笑)
巨大なのかね。。。。
生きていくのは楽しいことばかりじゃないんだね・・って感じる本かな。
子供なりに弱肉強食の世界をしるきっかけになったかどうかは不明ですが。
是非読んであげてください♪

nadeshikoさんへ

食べなきゃ生きていけないし、でも友達をたべるなんてことはしたくない・・
そんなライギョの気持ちがすごく現れている本だよ。
2匹は、考えて自分たちの立場を理解するけど、でも悲壮感はなくて「生きてやる!!」って晴れ晴れとした顔していたのが印象的でした☆
是非読んでね~。

うっちゃんへ

娘はまだあまり理解していなかったけど、息子はそれなりに理解したみたい。
絵本って、いろんなことを教えてくれるよね。
「食べる」ってとても神聖なものなんだよね、本当は。
自然界の中では、いつもこういうことが行われているんだよ!!!って話したけど・・・理解したかな??
いい本でしたよ!是非!!

のほほん母さんへ

私も本大好きっ子だったので、子供にはいろんな本をたくさん読んで育って欲しいってのが願いです。
今は、刺激のあるものが(ゲーム等)たくさんあるし、習い事もいっぱいあるし・・でなかなか本をじっくり読む時間は少なくなったのかもしれないけど、本はとても心を豊かにしてくれるからね。
是非良い本があったら紹介してください☆

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tsukinousagitachi.blog69.fc2.com/tb.php/203-58ad69cd

ライギョについて-ギョギョギョでうぉっと驚き

ライギョライギョ生物の分類|分類界: 動物|動物界 Animalia門: 脊索動物|脊索動物門 Chordata亜門: 脊椎動物|脊椎動物亜門 Vertebrata上綱: 魚類|魚上綱 Pisciformes綱: 硬骨魚綱 Osteichthyes目: スズキ目 Perciformes亜目: タイワ

 | HOME | 

お知らせ

ゆっくりとblogに向かい合う時間がとれなくなって、せっかくいただいたコメントにもお返事を出せない日々。           しばらくは、コメント欄を閉じさせていただきます<(_ _)>                  コメントがわりに 拍手ボタンをポチッとしてくださると、うれしいです。@みかづき

PROFILE

@みかづき

Author:@みかづき
中学2年の息子と小学5年生の娘をもつ2児の母☆
絵本が大好き♪趣味は広く浅くでいろいろとやってます・・

*記事に関係のないコメント・TBは削除する場合があります*

最新記事

CATEGORIES

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

@みかづきの本棚

@みかづきの本棚より

ブログ検索

今まで書いた記事♪

全タイトルを表示

トラックバックありがとう♪

WELLCOME!!

現在の閲覧者数:
counter

参加してます

このサイトを登録♪

ブロとも申請フォーム

お気に入り♪リンク

LINK

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。