みかづき cafe

朝からドタバタ、気がつくと今日も一日あっという間に過ぎてゆく・・ そんな日常から、子供の事、私の事、絵本の事・・気の向くままに綴ってます。ゆっくりしていってね。

  みかづき cafeのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 私の好きな絵本 > ゆらゆらばしのうえで  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆらゆらばしのうえで

2007 - 02/04 [Sun] - 16:16

ゆらゆらばしのうえでゆらゆらばしのうえで
きむら ゆういち

福音館書店 2003-10
売り上げランキング : 12578
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


きむらゆういちさんにかかると、いつもは食べるもの食べられるものの関係が少し変わってきて、そこから友情が芽生えちゃうんですよね。。
きむらさんの「あらしのよるに」ほどではないけれど、この絵本もそういう感じです。


     ===========

大雨の後、橋は丸太一本を残し、あとは流れてしまっていました。

そこへ、キツネに追いかけられたウサギが逃げてきます。
ウサギは「橋を渡って丸太を突き落とせば助かる」と思いながら渡るのだけど、後から追ってきたキツネが丸太の橋をガンガンと揺らしたから大変!!

橋は支えの柱を1本残して、シーソーのような状態になってしまいました。
ウサギを追いかけようとキツネが進むと、丸太の橋は、ギギーっと傾きます。
仕方なくキツネはバランスの取れる位置まで下がりました。
「誰かきて~」と2匹は叫ぶけど、仲間たちは来ません。

そうこうしているうちに、2匹は丸太に取り残されたまま夜になってしまいました。

動くことの出来ない2匹はお互いのことを話します。楽しかったこと、きょうだいのこと、寒い冬のこと・・・
いつの間にか、ウサギの声がしなくなり、寝息が聞こえてきました。
キツネは大声で叫びます!
「おい、うさぎ!おきろ。いまねたら、おちてしぬぞ。こら!もっといのちをだいじにしろ!!」
キツネが叫んでくれたおかげでウサギは目を覚ましました。

・・・・

朝になりました。
山から吹き降ろす風が丸太を揺らし、風にあおられて、丸太はゆっくりと回りはじめました。

ぐるぐると回る丸太に捕まった2匹は、どうなってしまうのでしょうか??
助かるのでしょうか??そうしてこの2匹の関係はどうなるのでしょうか??


     ===========


絵がとっても綺麗で、キツネの表情がすごくいいんです☆
主人公はどちらかというとキツネかな。
ウサギを食べるために追いかけていたはずなのに、丸太から落ちそうなウサギに向かって「いのちを大切にしろ!!」と叫ぶキツネ。
ウサギに対する友情のようなものが芽生えたキツネの優しさに、笑みがこぼれてしまう・・・そんな絵本ですよ♪
関連記事

きむらゆういちさんの作品大好きです。
ぶっきらぼうだけど、あったかくて。
“いのちをだいじにしろ”
きむらゆういちさんが強く思っていることなのでしょうね。
本当にそう叫びたいようなことばかりが多い昨今、
いのちをだいじにしろというセリフは
絵本を読む多くの人の心に響くと思います。
私のこの本読んでみたいな。

私も以前、この本読みました。この本の後に、あらしのよるにに出会った感じです。人間(生き物)には、悪い奴と言われるものがいるけど、心の中のどっかには、優しさってやつを持ってるような気がします。この本の絵も、インパクトありますよね?

私も以前こちらの絵本を読みました。福音館の絵本の定期便5~6歳向けに選ばれていました。
あらしのよるに・・は書店で立ち読みした程度ですが、小さい子向け「あらしのよるに」・・って感じかなぁと。子供も気に入っていた1冊です。
また読みたくなったので、図書館に行って借りてきま~す。

私もこの本だいすき~♪
二人?の心の距離がどんどん近くなるところが、わくわくするよね。
子供たちもこの絵本のスピード感が楽しかったみたい。
読み聞かせに向いてる一冊でした!!

ともちゃんへ

確かに最近、ひどく残虐な事件が多くて悲しくなるよね。
「いのちをだいじに・・」そういうメッセージをきむらさんの絵本は繰り返し伝えているように感じるよね。
私も絵本を通して、子供たちにも伝えていきたいメッセージの一つです☆
誰もが幸せを感じられるようになって欲しいと思います。。

saboさんへ

食うものと食われるもの・・・この2つは決して自然界では仲良くなれないのかも知れないけど、でも絵本のなかでは「あり」なんだよね。
すごく難しい題材なのに、きむらさんの絵本はそれをよく伝えているな・・って思います。
saboさんのいうように「絵」もカラフルで、見やすくいいよね☆

杏さんへ

そうだね。「あらしのよるに」ほど難しくなく悲しくなく、小さい子にも伝わるメッセージで・・・
こどもたちも「いい話だったねぇ~」としみじみと言ってました☆
何度も読んで~と言ってくるので、かなり気に入ったみたいです。繰り返し読みたくなる一冊だね。

カエル♪さんへ

そうそう、カエル♪さんの言うように、丸太の橋がぐるぐる回るところなど、スピード感もあって楽しかったみたい。
でも、夜の静けさも伝わってくるし、お互いへの友情をじわじわと感じてくるところも好きです☆
そっか、読み聞かせにも向いている一冊かも!!

きむらさん

@みかづきさん、こんばんは
私も偶然この絵本を読んだのよね。
すごく良かった~『あらしのよるに』とちょっぴり似てるなとは思ったけども
これは真昼間でお互いが敵対関係だと最初から判っているっていう点が違うよね。
そしてキツネの命を大事にしろ発言には
「アンタが言うなよ」ってツッコミいれたくなるよね( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

らぴ~♪さんへ

あはは。そうそう、突っ込みたくなるよね。
きっと、このキツネは今後このウサギと会っても食べれないでしょうね~。
究極の状態で出会った2人のは愛情が芽生える・・・って言うけど、この2匹も層だったりして・・・ふふふ。
ハラハラしながら読めて楽しかったです♪

この絵本、私も好きですよ。絵が綺麗ですよね。
絵本のサイズが縦長なので、読み聞かせにはチョット持ちにくくないですか?

縦長だからこそ、ハラハラするのかもしれませんが・・・

子供たちにも大うけした一冊です。
好きな絵本が似てますよね~♪

曜子さんへ

縦長だから読み聞かせしにくい・・・なんて考えたことなかった(^_^.)
さすが曜子さん、細かいことまで気づくよね~。

こういうちょっとハラハラしつつ友情を感じるいい話・・ってのは子供好きだよね☆
私も同じような絵本がすきってこと嬉しいです♪

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tsukinousagitachi.blog69.fc2.com/tb.php/208-5826c4e8

 | HOME | 

お知らせ

ゆっくりとblogに向かい合う時間がとれなくなって、せっかくいただいたコメントにもお返事を出せない日々。           しばらくは、コメント欄を閉じさせていただきます<(_ _)>                  コメントがわりに 拍手ボタンをポチッとしてくださると、うれしいです。@みかづき

PROFILE

@みかづき

Author:@みかづき
中学2年の息子と小学5年生の娘をもつ2児の母☆
絵本が大好き♪趣味は広く浅くでいろいろとやってます・・

*記事に関係のないコメント・TBは削除する場合があります*

最新記事

CATEGORIES

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

@みかづきの本棚

@みかづきの本棚より

ブログ検索

今まで書いた記事♪

全タイトルを表示

トラックバックありがとう♪

WELLCOME!!

現在の閲覧者数:
counter

参加してます

このサイトを登録♪

ブロとも申請フォーム

お気に入り♪リンク

LINK

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。